tolot写真集、作ってみました!

tolot photobook!
tolot photobook!
中身はこんな感じ
中身はこんな感じ

先月27日に姉の第一子が産まれ、姪っ子のパパラッチに精を出している今日この頃。
数々の溜まった写真をtolotにて写真集にしてみました〜!
《注:tolotとはワンコインPhotoBookで話題のサービスです》


ちなみに文庫本サイズ(本文64ページ)500円でも十分安いのに

今だと1冊半額キャンペーン中。

今回は2冊つくったので750円(送料込み)でした。安い!!

tolotサイトにて編集ソフトも無料配布しているので、あんまりパソコンに詳しくなくても、

この値段で写真集が作れちゃいます。

 

ただ正直、tolotが配布している編集ソフトは自由度が少ないため、

『こういうものが作りたい!』って希望がある場合はちょっと物足りないだろうし、

逆に面倒くさい面も否定できません。

例えば『写真の位置やサイズをいじりたい』とか

『写真の余白スペースに一言入れたり日付を入れたい』…なんていうのは、

正規の配布ソフトだけではできないようで、別のソフトで編集する必要が出てきます。
(ちなみに私はPhotoshopにてページごとに編集し、貼付けました。)
そうなると64ページ分の編集作業ですから、普通の人にはかなり面倒くさいと思われます。

 

で、肝心の出来上がりについての感想は、個人的には『アリ』だな…と思いました。


《コスパ》優
《作業の簡単さ》良(割り切った編集なら超簡単!こだわるなら面倒)
《製本状態》優
《画質》可

(72dpiまで落として入稿なので多少荒いのは仕方ないと思える程度です)
《早さ》可

(正直、正確な届け日がわからないのは気になりますが、今回は入稿後ぴったり1週間で届きました)

 

※画像を調整・編集できる場合は、かなり明るめにしておくことをおすすめします!

 

編集作業の面倒臭さを考えると、あえてこだわらずに作ってしまって

届いてから日付や一言を書き込むのも良さそうだな…と思いましたよ〜。

 

ただ別の面からみたら、この価格で本当にビジネスが回るのか…と不安になったのも

また事実です。
ネット印刷もこうした写真プリントサービスも、既存のビジネスモデルとは

かけ離れた価格帯ですよね。
ユーザーの1人としては正直とってもありがたいのですが、

仕事をしている身としては急激な変化を恐れる気持ちもあるわけで…。
便利さと同時に変化に対応し続ける難しさを感じる今日この頃なのです…。